御岳山リトリート2017(後編)

さて 2日目です。 朝はマウナ(沈黙の行)ではじまります。 起きたてのまだ活動していない頭で、早朝のまだ薄暗い広間に来て、そのまま静かに座ります。 途中の短い休憩の間も話はせず、ただただ 自分を観察します。 クリアな観察が出来た人も、眠くなっちゃった人もいたと思います。 人によって感想はさまざまだと思いますが、瞑想の効果は 続けた人にしか解らないのは確かです。 朝食をとったあとは  エネルギーのアーサナとセルフメンテナンスの時間。解剖学的な見方から 余計な力みをとる方法、インナーマッスルを目覚めさせて使う方法などを実践してもらいました。 その後 いわゆる『氣』とはなんぞや??という ワークショップ的な時間。様々な 氣を活性化するアーサナを試してもらって その効果をペアワークで確かめました。 そして エンディングサークルです。 質問のやりとりをしたあと、綺麗にまあるい円になって、みんなの氣をつなげます。 この円の中に居る人みんなにヨーガの恩恵がありますように。 ここで リトリートは終わりです。 このあと 希望者はロックガーデンと呼ばれる、御岳山の人気コースに軽登山! 沢を渡り〜〜〜 滝にお祈り〜〜〜 まだまだ 緑が綺麗な山道を行きます〜 これが「天狗の腰掛け」と呼ばれる巨木。 そして 来たときと逆の道をたどり、山を下りて、 青梅線の東中神にある お美味しいおそばやさんで  リトリート中は禁止だったお酒を みんなで 楽しみましたとさ。 最後に、、、 このリトリートはレジャーではありません。 ヨーガを継続的に半年以上練習していて、 ヨーガってなん

御岳山リトリート2017報告(前編)

今年も御岳山にある、100年以上の歴史がある宿坊『御岳山荘』でのリトリートに行って来ました。 ヨガをやっていない方には 「リトリートってなに?合宿とは違うの?」って思う方も多いと思います。 リトリートとは『引きこもる』の意味。つまり 山ごもり。修行と訳してもいいかもしれません。(苦行ではありません(^^;) いつもの環境を離れて 自分と練習に集中するため 時間を作り、わざわざ山に籠るのです。 泊まりがけで行く意味は、ヨーガの様々な練習(アーサナ、調気法、瞑想など)を続けて一気に体験するためです。普段のクラスの時間では全部を続けて 充分な時間をかけてやることは不可能です。 続けて時間をあまり空けずに体験する事で 複数の練習法が お互いを生かします。 さてさて ここから ご報告。 青梅線御嶽駅から、西東京バス 〜 日本一の急斜面のケーブルカー〜 と乗り継いで、山荘に荷物をあずけたら、  まずは御嶽神社にお参りです。 雨があがったばかりで 霧がうっすらかかった石段をみんなでのぼります。 昨年は修復中だったけれど、今年は色鮮やかな本堂を拝む事が出来ました。 その後 神社の下の商店街の美味しいおそば屋さんでランチ。 私が選んだのは お茶のうどんとクルミのおつゆ。 そして 山荘に戻りました。 これが御岳山荘の門。 立派すぎて外国人観光客など お寺と間違えて入ってきちゃいます。 そして まずは座学の時間です。 座学の時間に このリトリート全体のテーマをお話しします。 つまり、このリトリートで何かをつかんで帰ってもらえるかどうかの大事な説明です。 しかし 説明は説明

no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
タグから検索
ソーシャルメディア