サンゴ礁島

​2022
ゴールデンウィーク
スペシャルクラス 

ミカBS.jpg
けいこ1.jpg
しんのすけ.jpg
_MG_3886.jpg
Reiko.JPG
45970632_768126650264332_844442231119229
ともみ 2.jpg

​*このページのすべてのクラスは予約は必要ありません。
*回数券+500円、または現金3400円で参加いただけます。
*立川ヨガホームに初めていらっしゃる方は体験レッスンとしても参加いただけます。
ゴールデンウィーク中はこの他にもレギュラークラスもあります。

4/29(金・祝)

10:00~12:00  

アシュタンガヨガハーフプライマリーへの道

(運動量4) Shinnnosuke

このクラスではアシュタンガヨガハーフプライマリーまでのアーサナや ヴィンヤサとフィニッシングシークエンスを 普段より丁寧な説明を通して実践します。
 

14:30~16:00

 

はじめてのヨガ

 

(運動量2~3)Tomomi
「ヨガやってみたいな。でも体が柔らかくなくちゃ、できないんでしょ?」…いえいえ、まったくそんなことはございません。このクラスは、ゆっくり体をほぐし、シンプルなポーズを呼吸に乗せて練習していきます。体が硬くても、体力に自信がなくても、ご自身の体や心を見つめる手段としてヨガをしてみましょう。ポーズの完成形を目指すより、「こう動かすと気持ちいいな」とか、「これはちょっと違和感あり…」とか、ご自身がどう感じているかを優先して取り組んでみましょう。
 

16:30~18:00  

体が硬い人のためのゆるディープストレッチ

(運動量2~3)Reiko
体が硬い人は、気付かないうちに筋肉が緊張していることが多いです。意識しなくても 知らずしらずのうちに 日常的に緊張を繰り返していると体は本当に硬くなります。 几帳面な性格の人や、パソコンを使う時間が長い人などにその傾向が多く見られます。
このクラスでは 横たわった状態でできる簡単なヨガのポーズやゆるいストレッチを中心に、マッサージなど 様々なテクニックと道具を使って 丁寧に 本来の自分が持つ柔らかさを目指します。
最近体のキレが悪いと感じている方、朝起きたときに関節がギシギシする感じがする方、ぜひご参加ください。
体力に自信がない方、ヨガが初めての方、男性、小学生以上のお子様、どなたでも参加していただけます。

4/30(土)

14:30~16:30
ロング陰ヨガ〜春の土用

(運動量2)Mika
陰ヨガは「五行思想」〜万物は木火土金水の五種類の元素からなるという自然哲学の思想〜がベースにあります。
『春』=木、『夏』=火、『秋』=金、『冬』=水 そして季節の変わり目に土が割り当てられ、これを『土用』と言います。つまり一年に4回の土用の期間があり、今春は4月17日から立夏の前日5月4日までが春の土用期間です。
季節が春から夏へと変わるこの時期、心身の調子を崩しやすいことから、ストレスを溜めないようにじっくりと落ち着いて過ごすのがよいと言われています。
春は新しい事が始まる季節。ご自身の生活環境に変化がなくても、周りの浮き足立った雰囲気や、焦り、変化に伴う落ち着かない気分に影響を受けることも。なんだか不安定だな、イライラする、ストレスが溜まる、眠れない、なんとなく重だるいなど気のめぐりが滞っていることの表れです。
木(もく)の要素に深く関係する経絡~全身の気の働きや感情の安定をつかさどる『肝経』・決断力の表れ、適切な判断を下す『胆経』~全身の経路を刺激しながら、おしりの外側を流れる胆経と脚の内側を流れる肝経の陰ポーズを味わっていきます。
また、土(ど)の時季に養生してあげたい『脾・胃』にもアプローチしていきます。『脾·胃』は消化・吸収、そして栄養を全身に行き渡らせていく働きがあります。体の前側を通る『脾·胃』系のポーズをリラックスしながら長くキープし、気の流れを整えることで、これから迎える梅雨や夏の準備をしていきます。

長くポーズを取る(3~5分)中で、波打つ感情に対して反射的に表に出したり、すぐに反応せず、上手に受け流していく。自分自身をただただ感じていくことによって、癒しの力、自分に思いやりをもってつながる感覚を養っていきましょう。
陰ヨガで自分自身をいつくしむ、そんなのんびりとした時間を過ごしにいらしてください。

5/ 3 ( 火・祝 )   

11:00~12:30  

陰陽MIXヨガ
(運動量2~3) Mika

新緑が芽吹き始めるこの時期は、私たちの体も同じく新陳代謝が活発になります。からだにフォーカスして効果的に外側から目覚めさせ、呼吸とともに広がる感覚を味わいながら整えていく『陽ヨガ』。体が安定する自分自身の場所を探し見つけ、ゆっくりとやさしい呼吸とともにひとつのポーズを長〜くとることで内側からの目覚め、変化、感覚の気づきを見逃さないようにしていく『陰ヨガ』。
この時季の「木」の要素に深く関係する肝・胆の気が安定することで、計画的に物事を実行し、意志によって感情をコントロールして状況を正しく判断し、自分が決めた道をしっかり歩む力とつながります。
結果を期待したり比べたりするのではなく、自分自身を感じることで自らを癒し思いやりをもって内側からの心の静けさを取り戻し見つめてあげます。

いまの気分や体調に合わせて、ご自身のペースでヨガを楽しむクラスです。陰ヨガがはじめての方も、普段はゆっくりとした練習がメインの方にもご参加いただけます。「陰」と「陽」両方の効果を楽しみながら、からだと心、強さと柔軟性のバランスを整えていきましょう。

5/ 4(水・祝)

10:00~11:30  

女性のためのヨガ~周期を大切にする
  (運動量1~3)Miki

イライラしたり、感情的になり気持ちをコントロールするのが難しいと感じることはありますか?
女性の寿命が伸び、生活スタイルの変化などで数十年前より月経の回数は大きく増えました。人生の半分近くの期間を月経と共に過ごし、月経に関するお悩みや不快感を感じる方も多いと思います。月経周期には女性ホルモンが大きく関係しています。ストレスやホルモンバランスの乱れはその周期を乱す原因の一つです。体に休息が必要な時にはサポートを使ったリラックスのポーズを、また元気な時には活力が満たされるようなポーズをご紹介します。
体の浄化システムである月経がスムーズに進み、サイクルが整うのに継続したヨガの練習はおすすめです。自分自身の体の内面に意識を向け、他のことから思考を離すことができます。
ストレスフルなことも多く感じる現在、ヨガの智慧を使って乗り越えましょう。


12:00~13:30  

ハタヨガオールレベル~後屈に向かうための練習
(運動量2~4)Miki

ヨガのカテゴリーの中の後屈ポーズでは、体の準備が必要です。脚力、腹部や背骨、背面の強さや肩周辺の可動域などのバランスを取りながら準備ポーズを中心に練習します。体の一部に負担をかけることなく後屈ポーズに向かえるように進めます。日常の中では肩周辺が硬くなりやすい環境にあります。後屈ポーズの練習は気分転換をしてくれます。

16:30~18:00  

自由な関節のためのスローフロー

(運動量3)Reiko
通常のフローヨガ(アーサナを連続して行う)に関節を解放するためのイレギュラーな動きをふんだんに入れて、ゆっくり行います。 休憩のためのアーサナ(シャバアーサナやバラアーサナ)も間に挟むので、呼吸さえ深く保てれば 疲れることなく動けることでしょう。 難易度の高いポーズはありません。後半は座位のポーズを中心に行います。
どうも体がすっきりしないと感じている方には 特におすすめします。

5/ 5 (木・祝) 

10:00~12:00  
第二弾Body×Mind ×Spiritヴィンヤサフロースペシャル オールレベル
 (運動量3~4)Kota
1回目の開催も好評をいただいたスペシャルクラスをシリーズ化。変幻自在なフロー、バリエーション豊富なアーサナ、ムドラー(印)、バンダ(関節の使い方、マントラ、浄化法、呼吸法、とポーズだけではない様々なヨガのテクニックを総合的に駆使して楽しく伸び伸びと身心を内側と外側から磨き開放するスペシャルなイベントクラスです。
今回は安定したバランスポーズや瞑想の座法に必要な脚の指、足裏、足首にフォーカスします!
内容は毎回独立した内容なので、単発でご参加頂いても、連続してご参加頂いても楽しんで頂けます。


15:00~16:30  
立夏~季節の陰ヨガ
(運動量2)Keiko
新緑の頃 活動的になる夏に向かう季節の変わり目は自律神経神経 ホルモンのバランスが乱れやすい
時期でもあります。中医学で示される 春の臓である(肝)立夏までの土用に乱れやすい(脾)をベースに 全身の経絡を刺激しながら 気の流れを整え 心身共に元氣に夏を迎える準備をしていきましょう。 
陰ヨガはひとつのポーズを3分から5分、深い呼吸共にゆっくりと保持してゆく動きの少ないスタイルのヨガです。どなたでも ご参加頂けます。

5/ 7(土)

16:30~18:00  
リストラティブヨガ~心を体に預ける
(運動量1~2)Reiko
様々なリストラティブヨガ(楽な姿勢で行うリラックスを目的としたヨガ)のポーズを、瞑想のレクチャーとともに行います。 念入りに体を形作ったら もうあれこれ考える必要はありません。心を停止して、自分の体という温泉にゆったり浸かりましょう。目をつぶって短い瞑想を行うように 一つ一つのポーズを行ってゆきます。眠ってしまっても構いません。
心や体が疲れていると感じる方、温泉に入りにくる気分でぜひおいでください。