March 29, 2020

東京もインドも今はコロナウィルスでドタバタですが、
いっときの のんびりインド時間をお楽しみください。


さて いよいよ 聖地ティルバンナマライともさようなら。
ほんわかのどかな風景や、

 巨人が石ころを積み上げたような山々を見ながら 
大都市チェンナイに向かいます。

 チェンナイでは 久しぶりに ちょっと贅沢なレストランでランチ。

 官庁街です。

 立派なモニュメントがたくさんあります。

もちろんこの方の像も。

 南インドには イギリス植民地時代に建てられた教会がたくさんあります。

その中からサン・トメ聖堂へ〜

タミール語と英語の両方でミサが...

March 24, 2020

今回は インド最大のシヴァ神のお寺(ってことは多分世界最大です。)
アルナーチャレシュワラ寺です!

これがミネ先生が撮ってくれた俯瞰の写真。
大きすぎてこんな角度でないと 全貌はわかりません。

 まずは入り口のある塔。
下から見ると天まで伸びているかのようです。

もちろんここから裸足なので、靴は入り口で預けます。

 入り口をくぐるとさらに向こうに小さい塔が。

 入り口棟を反対側から見たところ。
一体何階建て!?


敷地内には シヴァ神以外にもたくさんの神様の建物があり、
その全てに 美しい神々の像が びっしり!!

チェンナイからここティルバン...

March 24, 2020

シヴァ神の化身:アルナーチャラ山には 
お参りのための周回コースがあります。
一周14キロとなかなか しっかりとした距離ですが、
登山の方ではなく これが正式なお参りのためのコースだそうです。


暑さを避けるため、朝早めに出発したので、日が昇っておらず、
朝もやのアルナーチャラ↓

 周回コースの地図。
これで今どこにいるかわかります。
黒いマークのところにお寺があります。

道に座る 僧侶のみなさん、、、に見えますが、
ちゃんと僧侶の方と、オレンジの布を巻いて僧侶に化けてる
ホームレスさんがいるようで、、、私たちには 区別がつきません。 

...

March 16, 2020

今回は ラマナ・マハルシアシュラムと その周辺について紹介します。
ゲートをくぐると、、

バイク置き場、、、と同時に 下足置き場でもあります。
聖なるエリアに入る前に ここで靴を脱いで、
アシュラム内は裸足で歩きます。

 事務棟。
ブーゲンビリアと一体化して綺麗!
手前にアシュラム関連書籍とグッズを扱うお店があり、その奥に事務所があります。

 周りには年季の入った樹が多く、
アシュラムは自然と共存しています。

 インドの国鳥:クジャクも人馴れしていて、
キョトンと見つめられたりします。

わんこも自由に歩き回ってます。 

 とにかく空が高い!

 さ...

March 12, 2020

今年のインドツアーは『聖者の痕跡をたどる』と名打って、
南インドの聖者 ラマナ・マハルシのアシュラムを訪ねました。
遅くなりましたが、何回かに分けて報告します。


出発の日は快晴!
眼下に綺麗な富士山を眺めながら 経由地クアラルンプールへ〜

クアラルンプールは個人的には10年ぶり。
おしゃれな円形の別棟が出来ていて、ここはどこ?状態に、、、

海外の方もマスク姿が目立ちます。
(ここでは 私たちが「海外の方」か!)

トラムのような乗り物で メイン ターミナルに向かいます。

 空港で食べたラクサヌードル:激辛!!

トランジットを経て 南インドの...

March 11, 2020

最近 聞こえ来るニュースはコロナウィルス一色だったのに、

流石に今日だけは311のことが混ざってきますね。

あれから9年! 月日は早い! 

記憶も風化するわけです。
 

2011年当時 宮城県の南三陸町で撮ってきた写真を見ていただきたいと思い、

また 自分の記憶も新たにしたいので、久しぶりのブログを書いてみます。
 

当時を知らない お子さんが休校で家にいらしたら、
こんなことがあったんだよと 一緒に見てもらえたら嬉しいです。



私が 南三陸町に行ったのは 大きな瓦礫はもうほとんど片付けられたあとでした。
なので 街に入ってすぐに撮った写真には...

September 19, 2019

今年も御岳山にリトリートに行って来ました。

お宿はいつもの宿坊『御岳山荘』さん

ここの清々しくもどっしりとした空気と、
世話をしてくださるオーナーご家族の優しさに 毎年通っています。

江戸時代から続く風情ある門構え。
外国人観光客の皆さんはよく神社と間違えて庭先まで入って来ちゃうんです。

 

畳が張り替えられて 良い匂い〜〜!
外が暑くても中はとっても涼しいです。 

 頂上にある御嶽神社へ向かう道すがら。
この急な坂道だけは なかなか慣れません。

坂の横には御神木。

商店街を超え、、

 頂上へ

 (メインの社の写真がありませんが〜)
神社内に...