インドツアー報告その5〜最終日

楽しい時間はいつもあっという間に終わってしまうものですね。。。 いつの間にか最終日です。

今日も朝ヨガから始まります。 デリーのホテルのバルコニーにて。 ヨガの最中に私の背後でクジャクがバサバサ〜っと飛んだそうな。 クジャクって飛ぶんですね。私だけ見ていません。

今日はインド門から。 当時 インドを統治していたイギリスが 戦争でなくなったインド人兵士たちの追悼の意味で パリの凱旋門を模して建てたものだそうです。

足元は沢山の花で飾られ、

戦死した兵士たちの名前が刻まれています。

周りは広〜〜い公園になっていて、美しく手入れされています。 何かとごちゃごちゃして 雑多なインドですが、 ここは大使館や国立の建物が集まる、国の中心地の一つなので、 別の国に来たみたいです。

広々としているので、野良犬の寝っぷりもおおらか〜〜

デリー内を 移動して 次はフマユーン廟。 こちらも タージマハルと同じく、皇帝フマユーンのお墓です。 輪廻転生を信じるインドでは 死んだ後も  次の人生のために権力を主張する必要があるのですな。

タージマハルと同じく 足元から撮ると 玉ねぎがなくなっちゃいます。 が、見事な細工!

タージマハルと違うのは、 こちらは一族、親戚一同 み〜んなのお墓であることです。 沢山の棺があちらこちらの部屋や、 バルコニーなどの屋外まで使って並べられ、 風化具合から 新しいものや 古いものがあることがわかります。 ちなみにこの棺は全て 象徴で、遺体は この中にはありません。 地下に埋められているそうです。

帰りに見た 修学旅行の子供達。 広い芝生を使って お遊戯中。 ハンカチ落とし? 日本と似てますね。

またデリー市内を移動、、、どこもかしこも 渋滞が普通なんですね。 世界遺産クトゥプミナール。 レンガ製の建造物としては世界で一番高い73mだそうです。 元々は100mあり、天災などで崩れて修復を繰り返すうちに、 今の高さに落ち着いたそうです。

別の角度から撮っても すごい。 白い服の人は勝手にポーズとってるけど、知らない人です。

周囲の建物の 美しい回廊部分。 飛行機の中で見た、インド観光のプロモーションビデオの中で、 美女が歩いてたのはここかあ〜〜

足元から見ると もはや空に刺さらんばかりの高さ!!

いいよいよ 最後の見学地。 ラージカート。 ガンジーさんが暗殺された場所です。 これが その当日の足取り。 その日 彼は 日課の瞑想のために ここを通って 歩いてゆきました。

そして このあずまやの場所で撃たれたのだそうです。

(あずまやは後で建てられたもの。)

奥様との写真。 美人!

最終日は いつもの日より さらに更に!早かった〜〜 乗りたくないよ〜〜〜

最後まで 読んでいただきありがとうございました! ああ〜〜また行きたいよ! インド!!

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square