立川ヨガホームがどうやって出来たか

February 28, 2016

 

 

 

今日は立川ヨガホームがどんな感じで出来たかを お話ししたいと思います。

 

まず 最初は3年前、立川駅の北口にあった小さな小さな時間貸しスタジオを 私れいこが借りたところからはじまりました。5枚もマットを敷けばもう満員といった雰囲気の、普段はダンスの方々が練習に使っているスペースでした。
(そこでは3月から立川ヨガホームでのクラスが始まる しんのすけ先生もクラスを持っていました。)

少ない人数ながらも 毎回どなたかが参加してくれて、不思議と生徒さんが誰も来ない、ということはありませんでした。
ありがたいことに 今でもそのころから継続して通って下さっている方が 何人もいらっしゃいます。

しかし ほんの5ヶ月ほどでオーナーさんの事情でスタジオ閉鎖が決定し、南口にお引っ越しすることになりました。


南口の新しく借りたレンタルスタジオ:MKスタジオさんは 下の写真のような広々とした開放感溢れるスタジオで 今度は なんとマットが30枚は余裕で敷ける広さ! 
オーナーさんも素敵な女性で、しばらくは 多くても5〜6人の生徒さんでのびのびと使っていました。
しかし 案の定赤字でした。「身の丈に合わない場所借りちゃったなあ〜〜〜」と思いながらも、毎回 来てくれる方々が素敵な人ばかりで、、、「週一回だし、ま いっか」と そのまま ずるずる続けていました。

なのに「もう一日あったら来やすいんだけどな〜」の声にのせられて、週2回、、週3回と回数が増え、MKスタジオさんが空いていない木曜日は また 他のスタジオを借り、そこはまた狭い空間で、、、手狭になり、、、、
なんだか ところてんのように突かれて とうとう スタジオを作ってしまいました。

周りからは「大丈夫なの??」「普通 事業をおこす時は いろいろ将来設計してはじめるもんだよ。」などなど もっともなアドバイスを いただき もちろんそれもありがたいのですが、、、、

なんせ「ところてん」、、、まわりの友人先生たちも巻き込んでのぶっといところてんになってしまいました。

こんなに のんきでいられるのは、
上記のような アドバイスが有る反面、「スタジオを作りたいんだけど〜物件を探してるんだ」と打ち明けた仲間先生の多くから協力の返事をもらえたからです。

 

というわけで 立川ヨガホームと講師陣は 単なる雇い主&従業員ではありません。 
志を同じくする仲間が集まって、人が好きで 立川が好きで コミュニティーを育てるぞ〜〜!!とワクワクしています。

人に自信があります!
来て下されば いい『気』を感じられるハズ!
お待ちしています!!

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ